So-net無料ブログ作成

30年に一度の新月・満月 [ディレクション]

あけましておめでとうございます。
そして、はじめまして。リマーナすずと申します。
どうぞよろしくお願いします。

私がはじめて手計算でホロスコープを作ったのは13歳のときでした。
もっと真剣に占星術を勉強しよう!と決意したのは1994年、26歳の夏。
それは約30年に一度のサイクルでめぐってくる「プログレスの新月」のときでした。
あれから15年が過ぎた現在、今年の夏には「プログレスの満月」を迎えます。
「新月」のとき、本格的にスタートさせた占星術、「満月」の今、
そこから得た成果を多くの人に提供したくなり、このブログをはじめてみることにしました。

「星回りを見て欲しいんだけど…」という方には、「プログレスの新月」、
もしくは「新月直前」といった時期に当たっている方が多いように思います。
「プログレスの新月」のときにはそれまで持っていた価値観は刷新され、
人生上の深い目的意識が心の奥に芽生えてきます。

「プログレスの新月」の時期には自分の目的をはっきり意識し、
勇気を出して第一歩を踏み出すことをおすすめします。
新月の時期は人生の種まきの季節。
新たなライフサイクルの始まりです。
今の自分はスランプに陥っている、まったくやる気も出ないし
希望をもてない…そんなあなたは今、人生上の「新月直前」かもしれません。
そのつらい状況がずっと続くわけではないので、焦らなくても大丈夫です。

「プログレスの新月」つまり進行の太陽と進行の月が重なる星回りのことです。
パソコンの占星術ソフトを用いれば、簡単に知ることができます。
私の愛用しているソフトは占星術研究家の小曽根秋男先生の「Stargazer」です。
思い返してみるに、はじめてこのソフトを手に入れたのが「プログレスの新月」の時期でした。
PC98をゲットし、最初にチャートを出力したときの衝撃を忘れることはできません。
天文暦を片手にコンパスで円を引き、鉛筆でマークを書き入れていた私を
あっという間に過去に追いやってしまいました。
ぜひ手に入れて活用してみてください。

(「プログレス」とは一日を一年とみなす計算法で、たとえば生後一年の運勢を見るのに、
生後1日目の天体の位置を用います。20歳のときの運勢は、生後20日目の天体の位置が
示してくれるという伝統的な未来予知法です)

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

EYE

こんばんわ、 記事また楽しく読ませていただきました。

そうなんですよね。私もとても聞き違いが多くて、常識的に考えると

あとでわかるのに、とんでもない間違いをしたりします。

あと、ふたが開く感じはわかる気がします。

今、そこを越えられるのか否か、押したり引いたり してますよ!

いったん開くと楽なんだろうなあ、開くことを、信じそれを

たのしみにしながら・・・。


by EYE (2009-10-21 22:18) 

リマーナすず

☆EYEさま、コメントありがとうございました!
大丈夫です!必ず越えられますよー
そしてこの体験が大きな糧になると思います。
EYEさんは人が見過ごすようなことに
着目する天才ですから
他人の良いところ、面白いところを
どんどん発見できるし、短所を長所として評価して
伸ばすこともできるし
多くの人たちの成長の助けになる方です。
ただその分、普通はつまずかないところで
苦労することがあるんですよね。

だからこそ人を助けられるし、
専門分野を極めることもできるのですが。
EYEさんのチャレンジに触発されて
私も頑張るぞ!といつも勇気をもらっています。

少し高めのハードルでもトライしようと思っています☆

by リマーナすず (2009-10-25 02:00) 

EYE

ありがとうございます。 また、土曜日、がんばってきます。 

また報告いたします。
by EYE (2009-10-30 23:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

オーストラリア大陸