SSブログ
2022年07月| 2022年08月 |- ブログトップ

火星回帰について/超スキルアップ!3重円集中基礎講座のお知らせです。 [占星術講座]

今月の「超スキルアップ!3重円集中基礎講座」
ですが、火星回帰(マーズリターン)を
取り上げます。

火星回帰図は火星に支配された
出来事について詳しく知りたい
場合、非常に役立ちます。

火星に支配された活動とは、
行動に関わること全般です。

具体的には自己主張や
ケガ、病気、争い、アクシデント、
新たな事業、体力、持久力を
必要とする活動、
男性的な人物の影響、
女性にとっての男性運、
問題解決や積極的な力、
軋轢やその他の心配事などを
指します。

CELESTE TEALさんは
火星関連の活動を
賢く計画することや、
火星にまつわるトラブルを
回避するのに火星回帰図を
活かすことを勧めています。

とくに牡羊座太陽生まれや
ネイタルチャートで
火星が突出している場合、
火星回帰の影響が
顕著に顕れるのだそう。

新たな目標を達成するためや
重要な活動のタイミングを
計るのに適した手法です。

障害や挫折などネガティブなことも
火星回帰でクローズアップ
されます。

私の夫の火星回帰図です。
mr-1.jpg
内円・・・火星回帰
中円・・・出生図
外円・・・本日のトランシット。

t土星-t火星のスクエアが
火星回帰図のアングルにかかっています。
火星回帰のASCには
n海王星も合になっています。

夫がネームを担当して
作画を他の漫画家さんが
担当して、という
お仕事をしていたのですが
先月、タッグを組んでいる
漫画家さんが
急病で入院されました。

急遽、夫が作画も担当して
〆切に間に合わせたという
経緯があり、今月も引き続き
夫が作画もするということで
仕事をすすめていたのですが
「やっぱり急に絵が変わったら
おかしい」という理由で
本日、打ち切りの連絡が
ありました。
アシスタントさんも手配し、
作画に入っていたので
原稿料が入らないのは
痛いですよね、、、
もうちょっと早くいって(涙)
という感じです。

なかなか難しいこともありますが
トラブルに対する心積もりをしたり、
大難を小難に、小難を無難に
できると良いですよね。

専用HPに火星回帰のリーディング手順を
アップしてにらっているので
参考にしてください。
******************************************************
<超スキルアップ!3重円集中基礎講座>

日時:8/16(火)13:30-16:40
   8/20(土)20:00-23:10

テーマ:火星全般

料金:9800円

詳細・お申込みは桐吉先生までお願いします。
http://twinkleastrology.blogspot.com/2022/01/lectures-skillup3.html

******************************************************************

皆様にお会いできるのを楽しみにしています!
nice!(1)  コメント(0) 

火星逆行について/超スキルアップ!3重円集中基礎講座のお知らせです。 [占星術講座]

2022年現在、火星は
10/30から翌年1/13まで逆行します。

度数域は双子座25.36度-双子座8.07度。

逆行前のシャドウ期間
(pre-retrograde shadow)には
2022.9/4から入ります。

逆行後のシャドウ期間
(post-retrograde shadow)は
来年の3/16に抜けます。

双子座8.07度~25.36度、
あるいは柔軟サインのこの度数付近に
天体やアングルがある人は
影響を受けやすいでしょう。

Erin Sullivan氏は著書
<Retrograde Planets>で
逆行中の火星は自分自身を見極めるのに
最適な時期だと述べています。

生まれつき火星逆行を持つ人は
エネルギーと情熱の根底にある
憂鬱に対処しなければならない
といった課題を持ちます。
(うつ病は通常、土星が司るけれど
火星の機能でもあるのだとか。
憂鬱は黒い怒り(火星)であり
ギリシャ語のcholos(胆汁)
に由来します。)

逆行前のトランシット火星は
潜在的に興奮しており、
しばしば野心や意欲で
過剰に膨らんでいますが
ステーションに転じたとき
そのエネルギーが突然
消滅してしまいます。

同時に火星が逆行するハウスの問題点が
顕在化してきます。

逆行火星が引き起こすこととして、

●情熱や意欲が突然なくなる。

●抑圧されていた敵意やフラストレーションが
 表面化する。

●指揮権の喪失。コントロール力が失われる。

●努力の連続性が崩れる。

●計画を達成するための時間や資金に
 深刻な問題を引き起こす。

●忍耐と警戒が必要になる。

●免疫が低下する。

●ストレスが蓄積される。
 病気が潜んでいる場合、
 急性の発作が起こることも。

●燃え尽き症候群になる。

●前進しなければならない、という
 視点を変える必要性が出る。

●プロジェクトなど行動が伴うことは
 延期する可能性。
 あるいは終了することも。

火星が逆行したあと、
約30~40日前後でt太陽とオポジションになり
逆行サイクルの中間地点に到達します。

(火星は太陽の動きに合わせるのではなく、
 独自の周期を持っている。
 軌道の偏心度がいちばん高いため
 他の惑星と比べて規則正しい年周リズムを
 持たない。火星の定常状態に慣れていると
 逆行によるエネルギーが変化する衝撃を
 受けやすいとされる)

太陽と火星のオポジションは
2022年は12/8に形成されます。

このオポジションはサイクルの転換点で、
オポジションの発生した2つハウスは
敵対的であろうと建設的であろうと
過去のフラストレーションに直面します。
t太陽の場所が意識化されます。
とくにホロスコープの敏感なポイントで
形成されれば、驚くべき経験をもたらす
かもしれません。
m-s.jpg
過去20年の太陽-火星の180度です。
天体やアングルの近くで形成された
場合、それなりにハードな出来事が
起きていたのではないでしょうか?

火星が逆行中は
怒りの感情のほかに
抑圧された記憶、古い情熱、
幼児的な感情、復讐に燃えた妄想といった
潜在的な感情があぶり出されることも。

心の中の争いに細心の注意を払わなければ
なりません。

火星の逆行が終わり、太陽と火星が120度に
なる頃には、逆行中に失われた意欲や
均衡の再確立が行われるように。
(木星以遠の天体は太陽とトラインを形成している
 とき逆行しているが、火星は逆行しない。

逆行後のトラインは1/30に形成されます。

即ちその頃には

●自分の方向性を熟考し、情熱や意志、
 野心を使うようになる。

●新たな道を切り開くために再浮上する。

●より現実的な目標を持つようになる。
 
・・・といった回復傾向が見られるでしょう。

今回の火星逆行は夏至点に近い度数域で起きるため
赤緯の値もアウトオブバウンズとなります。

過去にはレトログレードシャドウを抜けた火星が
山羊座にイングレスしてすぐのタイミングで
同時多発テロが起きました。
火星は冬至点に近く、アウトオブバウンズでした。
赤い星である火星は戦星でもあるため
気がかりなところです。

今回の火星の逆行ですが、
私と桐吉先生は10ハウスで起きます。
皆さんな何ハウスでしょうか。

詳しくは講座でお話しますね。
火星について集中的に学びたい方は
ぜひ参加してください。

****************************************************************
<超スキルアップ!3重円集中基礎講座>

日時:8/16(火)13:30-16:40
   8/20(土)20:00-23:10

テーマ:火星全般

料金:9800円

詳細・お申込みは桐吉先生までお願いします。
http://twinkleastrology.blogspot.com/2022/01/lectures-skillup3.html

******************************************************************

どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(4)  コメント(0) 

火星期について。超スキルアップ!3重円集中基礎講座のお知らせです。 [占星術講座]

今月の「超スキルアップ!3重円集中基礎講座」ですが
テーマは火星全般です。
火星関連の
さまざまな象意の現れ方を
取り上げます。

<超スキルアップ!3重円集中基礎講座>

日時:8/16(火)13:30-16:40
   8/20(土)20:00-23:10

テーマ:火星全般

料金:9800円

詳細・お申込みは桐吉先生までお願いします。
http://twinkleastrology.blogspot.com/2022/01/lectures-skillup3.html

******************************************************************

火星はホロスコープの中で
「切り込み隊長」の役割をします。
失敗を恐れず新しいことにチャレンジする
エネルギーは火星が司ります。
ときにトラブルも引き寄せますが
火星が元気だと人生に勢いが出るでしょう。

火星期にはとくに
中年の危機と呼ばれる
激しい星回りが待ち受けます。
42-1.jpg

Marker Eventは目に見える具体的な
出来事を指します。火星期は
<Changes In Life Style>
生き方を変える時期になります。

36歳~45歳の期間に
n土星-t土星のスクエア(90度)
n冥王星-t冥王星のスクエア(90度)
n海王星-t海王星のスクエア(90度)
n天王星-t天王星オポジション(180度)
n土星-t土星オポジション(180度)
などが形成されます。

現在、桐吉先生が火星期の年齢です。
専用掲示板の方に、桐吉先生が
氷川きよしさんの中年の危機の
考察をされた記事をアップして
くださっているので
ぜひ読んでみてください。

中年の危機は「第二の青春」とも
呼ばれる時期です。
この時期から本当の自分を出していく
人たちは多いものです。

私にとって火星期はいろいろあったけれど
楽しい時期でした。火星期で得たものを
どのように還元していくかということや
火星を元気にさせるにはどうすればよいか、
ということも提案したいと思います。


nice!(3)  コメント(0) 

2022年07月|2022年08月 |- ブログトップ